保険/節税

SBI火災保険の評判まとめ!メリット・デメリットや口コミもご紹介します!

アイキャッチ画像

今回は、火災保険の見積もりサイトである、SBI火災保険について紹介します。

「火災保険に初めて加入するので、おすすめのサイトが知りたい!」「引っ越しのタイミングで火災保険の見直しをしたい」「もう少し安いサイトを探してます……」など、見積もりサイトを利用する理由はさまざまです。

SBI火災保険は実績と幅広い補償内容から評判を呼んでいるので、ひとりひとりに合ったプラン選びをしてくれますよ。

気になるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

SBI火災保険とは?

見出し画像
商号 SBI損害保険株式会社
事業内容 損害保険業
電話番号 0800-170-7450
受付時間 平日 9:00~20:00
土・日・祝日 10:00~20:00
URL https://www.sbisonpo.co.jp/kasai/

SBI火災保険は、SBI損害保険株式会社が運営している火災保険です。

SBIホールディングス株式会社の傘下にあり、100%子会社なので安心して利用できるでしょう。

2008年1月よりサービスを開始しており、自由度の高い補償プランと保険料の安さで、人気を集めています。

SBI火災保険の特徴

見出し画像

ここからは、SBI火災保険の特徴や強みを3つ紹介します。

  1. 補償内容をカスタマイズできる
  2. ハウスサポートサービス
  3. もしものときの費用保険金

ほかのサービスと比較して特に感じた点をまとめました。

では、それぞれみていきましょう。

特徴①補償内容をカスタマイズできる

SBI火災保険は、あらかじめ決められているプランを選ぶのではなく、利用者の環境やライフスタイル、予算に応じて、自由に補償内容を組み合わせられる点が大きな特徴です。

火災・落雷・破裂・爆発の基本的な補償内容に加え、水災・風災・盗難・破損などの豊富な選択肢から、補償内容を自分でカスタマイズすることができます。

そのため、風災補償や水災補償も一般的な補償と同じ扱いになるので、高額免責などの特別方式も設けていません。

補償内容を選ぶうえで、すべての人が同じ条件であるということはありません。

SBI火災保険を利用することで、それぞれのニーズに合わせてプランを作成していくので、後悔しない補償選びができるでしょう。

特徴②ハウスサポートサービス

SBI火災保険では、契約後なにかトラブルが起きた場合、30分程度の応急処置を無料で受けることができます。

このサービスの例としては、蛇口から水が漏れた・排水管が詰まった・トイレが流れないなどの水まわりのトラブル、窓ガラスが破損した・衝撃で窓ガラスにひびが入った・突風で窓ガラスが割れたなどの窓ガラス破損トラブル、玄関のカギを紛失して家に入れない・勝手口のカギが壊れた・ドアが開かなくなって家から出られないなどの玄関カギトラブルなどがあります。

また、電気がつかない・エアコンの室内ホースからの水漏れ・給湯器の不具合でお湯が出ないといった電気やガスの設備トラブルにまで幅広く対応してくれるので、とても心強いです。

このような充実のハウスサポートサービスがSBI火災保険の大きな特徴です。

特徴③もしものときの費用保険金

SBI火災保険では、急な出費に備えることができる費用保険金が充実しています。

1つ目は残存物取片づけ費用保険金で、なんらかの事故によって損害を受けた建物の片づけに必要な費用や清掃費用、搬出費用など、損害額の10%が支払われます。

2つ目は失火見舞費用保険金で、保険の対象である建物から発生した火災・落雷・破裂・爆発などの事故によって近所に住む第三者の所有物に損害が生じたときで、第三者への見舞い費用とし損害額の30%が支払われます。

3つ目は地震火災費用保険金で、地震、噴火、津波が原因による火災によって、保険の対象となる建物が損害を受けた場合に、費用保険金が支払われます。

もしものときを考えて、保険金を選ぶようにしましょう。

詳細ページ公式ページ

SBI火災保険のメリット・デメリット

見出し画像

次に、SBI火災保険のメリット、デメリットを紹介します。

調べていくなかで、利用者側の目線から感じたことをまとめてみました。

これからSBI火災保険を利用しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

SBI火災保険のメリットとは?

SBI火災保険は利用者それぞれの状況によって、保険料の割引サービスを受けられる場合があります

ノンスモーカー割引

SBI火災保険では、喫煙する・しないに応じて割引が受けられるのを知っていましたか?

契約をした利用者が、たばこを吸わない世帯の場合、ノンスモーカー割引が適用されます

ただし、 保険の対象である建物にその所有者が居住すること・保険の対象である建物に喫煙者が居住していないことという条件があるので注意してくださいね。

オール電化住宅割引

オール電化割引は、利用者の住宅の状況により割引サービスが受けられるというもの。

利用者が加入をし、その保険の対象である建物がオール電化住宅である場合に、オール電化住宅割引が適用されます。

指定の書類を記入し提出するだけでオール電化住宅割引が可能です。

オール電化とは、住宅内の空調、給湯、調理などのすべての設備を電気でまかなうことですが、石油ストーブや卓上コンロを使用していても、オール電化住宅であればこの割引は適用されるので、不明な点は問い合わせてみてくださいね。

また、保険期間中にオール電化住宅となった場合も割引される可能性があるので該当する場合はとてもお得なサービスだと言えます。

新築割引

SBI火災保険を利用する人の中には、新居への引っ越しなどのタイミングで、保険の見直しをする人も多いと思います。

新築で住まいを購入したときは、新しい生活に心弾むものです。

しかし、大事な住まいが火事にあったり、災害にあって損害を受けたりすると、建物が失われるとともに損失も大きくなります。

そのため、もしもの時に備えて火災保険にはいる人も多いでしょう。

そんなときは、SBI火災保険の新築割引を利用するのがおすすめです。

SBI火災保険のデメリットとは?

SBI火災保険について、口コミなどを見ると、風災や水災の高額免責の設定がない・再発防止の費用保険金がない・臨時費用補償特約の支払限度額が小さい・築浅割引の適用がないなどの声がありました。

たしかに、SBI火災保険では幅広く補償やサービスを行っているため、ひとつひとつの割引や保険金を細かく見ていくと、通常の額とそこまで変わりはありません。

しかし、これはSBI火災保険だけでなく、ほかの見積もりサイトを見ても、利用者が完璧に満足いくサービスや補償内容はなかなか難しいと感じました。

実際の利用者にはそれぞれ環境の違いや要望もあるため、その人の状況によって最適な補償内容も変わってくるからです。

そのため、なるべく失敗したくないのであれば、アドバイザーにすべて決めてもらうのではなく、自分でもしっかり調べたうえでの保険選びをおすすめします。

詳細ページ公式ページ

SBI火災保険の口コミ・評判まとめ

見出し画像
一括見積した時に、他社よりも保険料が安く抑えられたのが最大の魅力でした。かと言って補償内容も薄いわけではなく、基本的な補償はカバーされており、無駄な付帯補償があらかじめセットされてない点も評価できました。保険会社によっては、初めから要らない補償が組み込まれていて削除できない上、その分保険料に上乗せされていることがあり、それがとても嫌だなと感じていましたので。
丁寧で的確なアドバイスや返答をしてくれたことと、検討中にも関わらず愛想よく感じ良く対応してくれたので、今までの会社からの変更を決めました。
ネットの評判で保険料が適正な所を選びました。以前入っていたところに比べ誠実で好感を持ちました。ネットで申し込み出来るので、自分で見積をシュミレーション出来、価格も他社より安かったのが良かった。
一括見積をした数社の中では一番いい対応で話が歯切れよく解り易かった。同条件で他社より保険料が安かった。ネット申し込みができる。電話対応が良かった。
見積もりをしていただく際に、何度も説明してくれたので助かった。他社に比べて安く、分かりやすかった。電話でも対応してくれた。
ネット販売なので、わかり易い補償内容の冊子がないので、請求する際は、もう一度ネット検索しなければならない。保険の補償の内容がいまいちわかりにくい。
集合住宅に住んで居る為、水漏れで下の階の家に迷惑をかけた時の補償があるとよかった。電話以外の申し込み方法があると嬉しい。

引用:ファイナンスアカデミーの情報収集を元に作成

まとめ

見出し画像

いかがでしたか?

SBI火災保険の1番の特徴は、それぞれの生活様式に合わせて自由に補償を組み合わせることができる点です。

また、逆にいえば不要な補償やサービスは外すこともできるので、保険料を安くすることも可能です。

はじめから付いている費用保険金のことも考えると、SBI火災保険の補償内容はトップクラスに充実していると言えるでしょう。

電話での問い合わせも朝早くから受付しているので、ぜひ調べてみてくださいね!