保険/節税

火災保険の窓口の評判まとめ!メリット・デメリットや口コミもご紹介します!

アイキャッチ画像

初めて火災保険の見積もりをするという場合、「一番信頼できるサイトは……?」「丁寧に説明してくれる見積もりサービスがいい!」「手軽に、安く済ませたい」など、さまざまな意見があると思います

でもそんなとき、火災保険をたくさんの保険会社と比較出来て、とにかく安く済ませられるサービスがあるんです。

今回は、一括見積もりできるサイトのなかでも特に評判のある、火災保険の窓口について紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

火災保険の窓口とは?

見出し画像
会社名 有限会社 グットサポート
電話番号 098-916-0377
運営期間 2006年
本社所在地 沖縄県うるま市赤道261-2
URL https://kasai-madoguchi.com/

火災保険の窓口は、有限会社グットサポートが運営する火災保険の一括見積サービスです。

有限会社グットサポートは全国対応の総合保険代理店で、⽕災保険だけではなく、⽣命保険や損害保険も扱う保険のエキスパートとして評判を集めています。

そのため、初めて利用するという人でも安心して任せられます。

もともとは保険代理店として店舗での契約がメインでしたが、2018年4月よりインターネットでの申し込みを開始し、保険一括見積サービスである火災保険の窓口をスタートさせました。

火災保険の窓口の特徴

ここからは、火災保険の窓口の特徴や強みを3つ紹介します。

  1. すぐに見積もり結果がわかる
  2. 申し込みまで対応してくれる
  3. 保険選びのプロが在籍している

ほかのサービスと比較して、特に感じた点をそれぞれみていきましょう。

特徴①すぐに見積もり結果が分かる

火災保険の窓口は、当日⾒積もりができるという点が大きな特徴です。

「ほかのサイトで見積もりを依頼したけどなかなか届かない」「すぐに結果を知りたい!」ということはありませんか?

火災保険の窓口なら、そんな心配はありません。

午前12時までであれば、たった3分の簡単入力で当日見積もりが可能なんです。

通常の一括見積サービスは見積もり結果がわかるまで1~2営業日待たされることがありますが、それに比べ火災保険の窓口はトップクラスの早さです。

もし、12時を過ぎてしまっても「とにかく当日中に知りたい」という場合は、15時までに電話相談すれば当日に対応してもらえるかもしれません。

火災保険の窓口は、運営している会社と代理店の窓口が同じなので、柔軟に対応してくれるようです。

特徴②申し込みまで対応してくれる

火災保険の窓口は通常の見積もりサイトではなく代理店型のサービスなので、見積もりだけでなく保険会社への申し込みまで対応してくれます。

火災保険の一括見積もりは、見積もり依頼を代行してくれるサービスと火災保険の窓口のように代理店型サービスがあります。

代理店型サービスは、さまざまな火災保険会社と代理店の契約を結んでいるので、⾒積もりの作成・⾒積もり条件の変更・保険会社への申し込みまで、すべて対応してくれるのです。

初めて利用する場合は特に、「どうやって進めたらいいのかわからない……」「申し込み方法は……?」など悩んでしまう人も多いです。

実際にほかのサイトを見ても、基本的には見積もりのみになっているので、火災保険の窓口を利用すれば、たくさんの手続きや入力をする手間を省くことができますよ。

特徴③保険選びのプロが在籍している

火災保険の窓口には保険選びのプロが多数在籍しているので、ひとりで悩んだり迷うこともなく、スタッフと相談しながらプランを考えることができます。

火災保険を選ぶ際、「どこに重点をおけばいいか」「気を付けるべきことはなにか」など、がんばって情報収集したとしても、限界があると思います。

ただ安さだけで火災保険を選ぶのは、トラブルを引き起こす可能性もあるので、危険でしょう。

自分に必要な補償はなにかをしっかりと⾒極めた上で、⽕災保険を選ぶことが大切です。

そんなとき、火災保険の窓口では無料で何回でも相談ができるようになっています。

もちろん、それぞれの保険会社でプランやサービスは異なりますが、火災保険の窓口に在籍しているプロのスタッフが、プランの違いや利用者に合った選び方をアドバイスしてくれます。

詳細ページ公式ページ

火災保険の窓口のメリット・デメリット

次に、火災保険の窓口のメリット、デメリットを紹介します。

調べていくなかで、利用者側の目線から感じたことをまとめてみました。

これから火災保険の窓口を利用しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

火災保険の窓口のメリットとは?

火災保険の窓口で見積もり比較ができるのは19社で、これは見積もりサイトとして最大級の多さです。

また、大手の保険会社から比較的リーズナブルな会社、外資系までさまざまなジャンルの保険会社があるので、幅広い視野で保険会社を選ぶことができます

実際に参加している保険会社の例を挙げると、セコム損保・楽天損保・あいおいニッセイ同和損保・損保ジャパン⽇本興亜・東京海上⽇動・⽇新⽕災・ニューインディア・チャブ保険・ ジャパン少額短期保険・ さくら少額短期保険・ 三井住友海上⽕災・ SBI損保・AIG損保などがあります。

どこの保険会社が最安値になるかは実際に見積もりを取らないと分かりませんが、例にあるセコム損保は、補償内容が充実している・保険料が割安・サポートが⼿厚いという点から、ほかの保険会社と比べても最安値になることが多いです。

また、火災保険の窓口はこれまで25,000件の契約実績を持っていて、火災保険に関しては真のプロ集団なので、安心して任せられます。

多くの実績や経験があるからこそ、利用者にも親切丁寧にわかりやすく接してくれます。

実際にサイトから一括見積の申し込みをすると、担当者から電話がくるので、補償内容や最適なプラン、予算などさまざまな視点から相談を行っていきます。

保険は生涯でとても大切な契約になるので、なんとなくで決めてしまう前に電話などで相談してみることでリスクを抑えることができますよ。

「火災保険に入りたいけどどのサイトが一番いいのかわからない……」「たくさんの保険会社のなかから選びたい!」「一番信頼できるサイトがいい」「初めてで不安……」という人は、火災保険の窓口を利用するのがおすすすめです。

火災保険の窓口のデメリットとは?

火災保険の窓口では、共済⽕災の⾒積もりをとることはできません

⼀括⾒積もりの対象は通常の⽕災保険だけで、共済⽕災は対象外となっています。

しかし、共済⽕災には地震保険に⼊れない・補償⾦額が少ない・毎⽉組合費が必要になるという点もあります。

共済火災の場合火災以外の自然災害(地震など)の保険金は、火災の場合の約20%程度で低めに設定されていることが多くなっています。

火災保険に加入すれば、火災以外の災害がもし起きても、手厚く補償されているので、火災に対する補償と同じくらいの保険金が出ることもあるようです。

たしかに、共済火災はシンプルで掛け金も少ないですが、さまざまな意見や補償内容を見たうえで、どちらがいいのかを見極めることが必要です。

詳細ページ公式ページ

火災保険の窓口の口コミ・評判まとめ

「⽕災保険の窓⼝」を利⽤したら、⾒積もりと⼀緒にギフト券まで⾃宅に届きました。無料の見積もりでこんなにも手厚いサービスが受けられるのはびっくりです!ありがとうございました!
火災保険のことについてはまったくわからなかったのですが、電話相談してみると専⾨のアドバイザーが丁寧に説明してくれ、悩みも親⾝になって聞いてくれたので助かりました。無料で相談できるので、ぜひ問い合わせてみてください
「⽕災保険の窓⼝」は当⽇には見積もりの結果が到着。こんな早いことありますか……?しかも、⾒積もり書の数も多いので比較しやすかったです。どこよりもお得な⽕災保険がすぐに分かるので、ここに相談してよかったです。
正直期待していませんでしたが、届いた⾒積もりを⾒てビックリ。3万円も安い⽕災保険が⾒つかりました!サービスや対応もよくて、しっかり補償もついているのに、あんなに保険料が下がっていいんですか?という感じです
「⽕災保険の窓⼝」で⾒積もりが取れるのは、⺠間の⽕災保険だけなんですね……ちょうど「⽕災保険」にしようか、「共済⽕災」にしようか迷っていたところだったので、こちらでは⾒積もりが取れないので、うまく⽐較ができなかったのが残念です。
⼀括⾒積もりを利⽤すると凄くお得になるイメージがありました。あのサイトや評判を見ると、いかにもだれでも安くなります!という感じがしてしまいますが、私の場合は安くなったのは1万円弱でした……安くなるかは人それぞれみたいなので、期待し過ぎるとよくないです
しつこい勧誘や電話は一切なかったです。どうしても登録するとそういうところが心配だったのですが、利用後も気持ちよくサービスを受けることができましたよ

引用:ファイナンスアカデミーの情報収集を元に作成

まとめ

いかがでしたか?

火災保険の窓口は、サービス内容や料金、これまでの実績など、どの観点からみても評判がよく、使いやすいサービスだということがわかりました。

また、窓口の対応スピードが早く、見積もりから契約まであっという間に済ませられます。

日中の連絡なら数分程度で折り返しの連絡がくるようなので、不明な点や聞きたいことがあれば、電話などで問い合わせてみてくださいね!

きっとぴったりのプランを教えてくれるはずです。