金融/投資

グリーン・ワークホースの不動産投資メリット・デメリットをご紹介!

「貯金をしているけど、もっと有効なお金の貯め方はないのかな?」と思っている人に耳寄りな情報があります。それはマンション投資。不動産会社からマンションを購入し、購入代金を返済しながら家賃収入を得るというものです。
今回紹介するグリーン・ワークホースは中古マンションでのマンション投資ができます。その特徴や口コミ・評判をまとめました。資産運用のことはもちろん、マンション経営について考えている人も参考にしてみてください。

グリーン・ワークホース資料請求

グリーン・ワークホースとは?

会社名 株式会社グリーン・ワークホース
電話番号 03-6722-090
営業時間 (営業部)午前10:00~午後9:00
(賃貸管理部、リフォーム部)午前9:30~午後5:30
定休日 土曜日、日曜日、祝日

株式会社グリーン・ワークホースは東京都にある資産運用のコンサルティング会社です。
資産運用の主な内容は不動産投資。中古マンションの賃貸による家賃収入になります。

マンション経営と聞くと建物の管理やメンテナンスもしなければならないと思いがちですが、グリーン・ワークホースは面倒な業務を代行してくれるのでマンション経営が初めての人でも安心。

オーナーは購入したマンションのローンを返済する形になりますが、場合によってはマンションを売却することも可能です。

グリーン・ワークホースの特徴

都内を中心に中古マンションを有効活用して資産運用ができるグリーン・ワークホース。ここからはグリーン・ワークホースの特徴を3つ紹介していきます。マンション経営について一から知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

特徴①面倒な作業は代行してくれる

マンションを経営するならまず入居者を募集したり、家賃を回収や建物のメンテナンスをしたりする必要があると考えている人が多いでしょう。ところがグリーン・ワークホースはそういった業務をすべて代行してくれます。

募集や家賃回収だけでなく、入居者との賃貸借契約や契約更新に関わる業務も行ってくれるので、面倒な仕事はしなくて大丈夫。もしマンション経営のほかに本業がある人でも無用な時間が割かれる心配はありません。

このように安心して資産運用できるのはマンション経営の大きな特徴です。物件によっては1棟ではなく1部屋から購入・経営できるものもありますので、低コストで投資することができます。ただ、1部屋への投資の場合、マンションを丸ごと購入するよりも収入は低くなります。自分の資産に合った投資方法を選びましょう。

特徴②長期的な収入が見込める

マンション投資の大きな特徴の一つとして挙げられるのは何より「長期的な収入を見込める」という点です。現在どこかに勤めていたり、自営業をしている人でも、まったく別の稼ぎ口として運用することができます。
マンションの購入費用に見合った家賃設定をすることで黒字化し、順調に利益を上げられるようになったら新しくマンションを購入する等、運用する資産の規模を大きく膨らませていくことも可能。

そのためには人気の土地や将来性の高い土地を選んでいくことがカギです。人気のエリアであればそれだけマンション購入費用も高くなりますので、家賃収入でどうカバーしていくかをよく考えることが大切です。

都市開発が進んでいないエリアであったり、築年数が古いマンションは購入費用が安く済むことがあります。そのかわり入居者がなかなか集まらなかったり、マンションのメンテナンス費用が発生する可能性があるのでご注意を。

特徴③節税対策にも

もう一つマンション投資の特徴として挙げておきたいのが、マンション経営は事業所得に区分されるということ。経営にかかった費用は経費として申告することができます。もしマンション経営の収支が赤字になった時は所得税が減額されるので、節税対策として有効です。

マンションを2,000万円で2棟購入し、家賃収入が月に90,000円発生したとします。すると年間の利回りは5.4%以上となり、年間108万円の収入を得られることに。銀行に1年、2,000万円の定期預金をした場合の利息3,000円と比較すると差が歴然です。

もちろん入居者の数に応じて家賃収入は変わります。節税対策や貯蓄の視点で考えたときに自分に合った資産運用は何かを考えてみましょう。

グリーン・ワークホース資料請求

まとめ

今マンションに投資している人も最初は全員未経験からのスタートです。いざ始めるというとき、知識や経験を活かしてサポートしてくれる会社があると心強いですよね。

グリーン・ワークホースは初心者にも親切に対応・サポートしてくれます。マンション購入後も家賃保証制度や家賃回収を代行してくれるので、マンション投資が初めての人も経営しやすいのが特徴。建物のメンテナンスや入居者の募集など、困ったことがあれば質問してみましょう。

慣れてきたら新規でマンションを購入するのも資産運用の一つの手です。ぜひ検討してみてください。