クレカ

デポジット型クレジットカードとは?審査の不安を解消

クレジットカードを保有する時には、必ず審査があります。

初めての方は審査に通るか不安です。
安定した収入がないと審査ではねられることも。

また、過去に支払いの遅延や延滞経験があると、審査に通るのが難しくなります。

だからといって、クレジットカードがないと不便です。

これからの世の中、クレジットカードがないと生きていけなくなるというのも大袈裟ではありません。

このような不安を抱えている方におすすめなのが、デポジット型のクレジットカード。

これまで審査に通らなかった方でも、デポジット型クレジットカードなら審査に通ります

デポジット型のクレジットカードとはどのようなカードなのかこの記事で詳しく説明します。

ぜひ最後まで読んで、あなたの不安を解消してみてはいかがでしょうか。

利用額は口座からの引き落とし!デポジット型のクレジットカード

デポジットというのは「保証金」のことです。

デポジット型クレジットカードとは保証金型のクレジットカードのこと。

一般のクレジットカードと何が違うのか。

その仕組みと特徴について、わかりやすく説明します。

事前にデポジット(保証金)を預ける

デポジット型クレジットカードの場合は、事前にカード会社に保証金を預ける仕組みになっています。

一般のクレジットカードは本人確認書類を添付して申し込むだけで、お金は必要ありません。

この点がデポジット型クレジットカードの最大の特徴です。

限度額は保証金と同じ金額

クレジットカードには限度額があります。

その限度額内でショッピングしたり、緊急にお金が必要になったりした時にキャッシングできる仕組みです。

一般のクレジットカードの限度額は年収や職業などで決まりますが、デポジット型クレジットカードは預ける保証金の額が限度額になります。

カードをあまり使わない方なら数万円程度を、頻繁に使う方なら数十万円をデポジットする必要があります。

プリペイドカードとの違い

プリペイドカードはあらかじめ購入した金額を使い切ったら、新たに買い直すかチャージする必要があります。

デポジット型クレジットカードは初回に保証金を入れれば、チャージは必要ありません

使った分は口座から引き落とされるので、その都度、自動的にデポジットの枠が回復するからです。

デビットカードとの違い

デビットカードはカードを利用すると、即座に口座から引き落としになります。

デポジット型クレジットカードは、口座から引き落とされるのがカード利用後の1カ月~2カ月後になります。

チャージしなくてもいい

デポジット型クレジットカードはチャージしなくてよいので、プリペイドカードのような面倒さがありません

プリペイドカードを使っていてチャージが面倒な方は、デポジット型クレジットカードに変えた方が便利になります。

利用額は口座からの引き落とし

デポジット型クレジットカードは利用した金額が口座引き落としになった時点で、自動的に利用枠が回復されます。

毎月ある程度決まった金額を利用する方は、限度額の心配をする必要がありません

デポジット型クレジットカードの仕組みと特徴がわかったら、次に法人についてはどうなのかについて触れましょう。

デポジット型クレジットカードは審査に通りやすいメリットがあり

デポジット型クレジットカードは一見保証金を用意しなければいけない分デメリットを感じてしまうかもしれませんが、こうみえてメリットはたくさんあるんです。

それはクレジットカードの審査に自信がない人です。

普通のクレジットカードって、クレジットカード会社が一旦ショッピングの金額を立て替えしてくれるような形になるので信用問題が出てきます。

だからこそ勤務先を書く必要があったり、収入やその他のクレジットカードを持っているかなどを書かなければならなかったりしますよね。

クレジットカードの審査って結構きっちりしていて、厳しい部分もあるんです。

しっかり立て替えた分を支払ってくれないと、クレジットカード会社としては困ってしまうので、厳しいのは仕方ないこととはなります。

でも過去に支払いを延滞してしまった場合なんかは普通のクレジットカードだと審査落ちするリスクがあります。

しかし、デポジット型クレジットカードなら保証金を支払っている分、審査が普通のクレジットカードよりは優しいのでメリットになります。

デポジット型クレジットカードは法人でも申し込み可能

一般のクレジットカードには個人用と法人用がありますが、デポジット型クレジットカードも同じです。

法人でもデポジット型クレジットカードが申し込めます。

しかも経営状態によって審査が通りにくいということもありません

それぞれの経営状況の場合について説明します。

赤字決算の会社

一般の法人用クレジットカードでは会社の実績が審査の基準になります。

赤字決算だと新たなカードを申し込んでも審査が通らなかったり、限度額が引き下げられたりすることも。

法人用のデポジット型クレジットカードなら、保証金さえ預ければ赤字決算でも審査が通ります

起業して間もない会社

事業運営には法人用カードが必要ですが、起業して間もない会社は営業実績がないので審査で落とされる可能性があります。

デポジット型クレジットカードなら保証金さえあれば、起業して間もない会社でも法人カードを手にすることができます

税金が未納の会社

会社の中には、事業収入の減収などで税金が未払いだったり、滞納してしまったりするケースもあります。

このような状況では一般の法人カードを申し込めませんが、デポジット型クレジットカードなら保証金があれば税金が未納でも申し込めます

普通のクレジットカードとして使える

デポジット型クレジットカードは、最初にデポジットとして保証金を支払う必要がありますが、それ以外は普通のクレジットカードとして使えます。

だからこそ、初めてクレジットカードを持つという人にもピッタリです。

普通のクレジットカードとして使えるため、プリペイドカードのようなその都度残額がなくなってきたらお金をチャージしなければならないということもありません。

しかも、ショッピングにもデポジット型クレジットカードは使えますし、保険代などの固定費の支払いにも使えます。

普通のクレジットカードと違わず使えるというのは、結構メリットとしては大きいですよね。

しかも、保証金の範囲内での限度額となるため、ある程度クレジットカードを自分のクレジットカード支払い期限よりも使い過ぎてしまうという不安も少なくなります。

普通のクレジットカードだと、つい限度額を多めに設定してしまいがちになってしまうので、クレジットカード初めての方にはデポジット型クレジットカードはオススメできるんです。

デポジット型クレジットカードの知っておくべき4つのポイント

デポジット型クレジットカードについて知っておきたいポイントは4つあります。

年会費、付帯サービス、ポイント、保証金についてです。

それぞれ詳しく説明していきますね。

年会費

一般のクレジットカードの中には年会費無料のカードもありますが、デポジット型クレジットカードは年会費が必要です。

一般のカードに比べて特別に高いということはなく、カードによっては利用限度額によって年会費が異なる場合もあります

カードのランクや年会費によって異なる付帯サービス

クレジットカードの魅力の1つが付帯サービスです。

一般のカードにはもちろん付いていますが、デポジット型クレジットカードにも付帯サービスがあります

カードによってサービスの内容は異なりますが、国内・海外旅行傷害保険が付いていたり、各種優待割引があったりするものも。

一般のクレジットカードに比べれば内容の充実度は下がりますが、ゴールドなどランクによってかなりの付帯サービスが付いているデポジット型もあります。

対象であればポイント付与される

デポジット型クレジットカードにもポイント制度があります。

1,000円の支払いごとに1ポイント付与が一般的ですが、カードによっては入会後1年間1.5倍だったり、誕生月には3倍だったりといった特典も。

溜まったポイントは商品交換や他社ポイントへの移行も可能です。

保証金は戻ってくる?

預けた保証金がどうなるのか不安になる方も多いでしょう。

保証金については、カードを退会した時に戻ってきます

ただし、未入金の利用明細などがある場合は除きます

次は、デポジット型クレジットカードのメリットについて見ていきましょう。

デポジット型クレジットカードを作る際の注意点

ここまでは、デポジット型クレジットカードの特徴やメリットについてまとめてきましたが、実際気になってくるのはデメリットだと思います。

せっかくデポジット型クレジットカードに興味があって作っても、後からデメリットを知ってしまっては嫌ですよね。

そこで、デポジット型クレジットカードを実際に作るときに注意しなければいけないことや、デメリットについてまとめていきます。

デポジットが必要なため最初の負担があり

デポジット型クレジットカードの一番の特徴が、事前に保証金を準備しなくてはいけないことです。

特に、学生さんとかでアルバイトをしていてクレジットカードに興味がある人やパートで働いていて収入が心許ない人には、ちょっとデメリットに感じてしまいますよね。

普通のクレジットカードであれば、事前にお金は必要ないからこそ微妙に感じてしまうかもしれません。

そして、お金に少しゆとりがある人でもデポジット型クレジットカードは要注意なんです。

例えばゴールドカードが欲しい人です。

普通のクレジットカードだと年会費が必要にはなってきますが、ある程度基準を満たして年会費を支払えばゴールドカードを持つことが可能となってきます。

しかし、デポジット型クレジットカードは違います。

ゴールドカードを持ちたいと思えば、多額の保証金が必要になってきます。

数十万から百万程度のデポジットが必要な場合もあるため、ゴールドカードが欲しいという方にはデポジット型クレジットカードは注意してほしいです。

作る段階で慌てて用意することにならないためにも、しっかり内容を確認しましょう。

デポジット型クレジットカードの限度額が少なくなる可能性あり

デポジット型クレジットカードは事前に保証金を用意して、その設定した保証金がクレジットカードの限度額となります。

つまり、自分が最初に支払った金額までしかクレジットカードを使うことができないんです。

これで困ってしまう問題が、たまたま急に大きな金額をクレジットカードで支払う必要が出てきた時です。

お金って金額が大きければ大きいほど、持ち歩くのって心配ですよね。

だからこそ、クレジットカードで支払いたいというときもあると思います。

しかし、デポジット型クレジットカードだと使える金額が保証金となってしまうため、急に入り用となったときにクレジットカードの限度額の増額が難しくなってきてしまいます。

そのため、クレジットカードの増額をしたいときに簡単に増額できないのはデメリットだと言えます。

特に、結婚式とか一時的に大きい金額が必要となってきた時なんかは困ってしまうため、保証金以上に使う必要が出てくる可能性があるなら普通のクレジットカードを検討するのが良いのかもしれません。

キャッシングをしたい人には不向きです

クレジットカードを作っている方で利用する可能性があるのがキャッシングだと思います。

特に、給料日前で手元に現金がないという時にキャッシングを使うという人もいると思います。

どうしても現金で支払う必要がある機会はありますし、そういう時にはキャッシングは便利なものですよね。

しかし、デポジット型クレジットカードではショッピング専用のクレジットカードとなり、キャッシングが使えないリスクもあります。

特に、クレジットカードで定期的にキャッシングを使うという人にはそういったリスクがあるため、デポジット型クレジットカードはあまりオススメできません。

そういった方には、普通のクレジットカードをオススメしたいです。

キャッシングを全くせずにショッピングのために、クレジットカードが欲しいという人にデポジット型クレジットカードは向いていると思います。